Amazonアソシエイトの審査に落ちたら確認してほしいこと

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

 

Amazonアソシエイトを申請したけど、審査に落ちてしまったら、
かなり凹みますよね。

 

審査に落ちたら、再度申請すればいいものの、一体なにを修正すればいいのでしょうか。

 

自分のブログの修正点がわからないと、
ずっと申請が通らないまま、先に進めないかもしれません。

 

この記事では、Amazonアソシエイトの審査に落ちてしまったときに、
確認してほしいことに関して、解説していきます。

 

 

Amazonアソシエイトに何度も落ちたことがあります

 

はい、わたしのことです。

 

わたしも、Amazonアソシエイトの申請に何度も落ち、凹んだ経験があります。

 

しかし、何度か挑戦し、無事審査を通過することができました。

 

そこで、わたしが、Amazonアソシエイトの審査に落ちたときに確認した部分を、ご紹介します。

 

 

Amazonアカウントで過去に買い物をしたことがあるのか

まず、あなたのAmazonアカウントに、購入履歴があるのか、調べてみましょう。

 

実際、Amazonで買い物をしたことがあるという事実は、Amazonにとって嬉しいことですよね。

 

Amazonで買い物をしてくれたことのある人のほうが、アフィリエイトでAmazonの良さを引き出してくれると思ってもらえるので、Amazonアカウントの購入履歴は大切です。

 

実際に、Amazonで買い物をしたら、再審査に通った人もいます。

 

 

自分のサイト情報を分かりやすく書いたか

 

上記画像の、『Webサイト/アプリの内容、および紹介したい商品について、簡単にご説明ください』の部分。

 

簡単にと書いてあるから、適当に書いてしまいませんでしたか?

 

ここは、かなり詳しく書いてください!!

 

また、”わたし、Amazonの商品をたくさん売りますよ”というアピールも大切です。

 

できれば、256文字ぎっしり書くといいと思います。

 

ブログ内に運営者情報が掲載してあるか

申請したブログが、誰が運営しているのかを示すために運営者情報は、必ずブログ内に載せましょう。

 

最低でも、運営者の名前とメールアドレスは記載しておいてください。

 

あなたがAmazon側だとして、自分の商品を、誰が運営しているのか分からないブログに、紹介してもらいたいと思いますか?

 

もし、悪用でもされたりなんかしたら、ブランドに傷が付きます。

 

そう考えると、運営者情報は、「わたしのブログは安心ですよ」という示しになると思ってください。

 

 

Amazonアソシエイト審査がどうしても通らない場合

上記のポイントを修正しても、なおAmazonアソシエイトの申請が通らない場合は、
最終手段を使いましょう!

 

それは、ルート変更です。

 

Amazonアソシエイトで申請が通らないのであれば、違うルートから申請してみるということ。

 

違うルートというのが、もしもアフィリエイトなんです。

 

じつは、わたしが2回目に、Amazonアソシエイトの申請に落ちたとき、もしもアフィリエイトから申請してみたんです。

 

すると、1日で、すんなり申請が通りました。

 

Amazonアソシエイトには、その後、何度かトライして、ようやく通りましたが、もしかしたら、あなたも、もしもアフィリエイトなら、すんなりと申請が通るかもしれません。

 

もしもアフィリエイトからの申請がいいと思う点は、

  • Amazonアカウント不要
  • 最低1円から報酬が振り込まれる

 

Amazonアソシエイトは、最低報酬が5,000円に対し、もしもアフィリエイトは、1,000円なんです。

 

しかし、振込先にSBI銀行を指定すると、最低報酬が1円から、振込可能なんです。

 

何度も、Amazonアソシエイトの審査に落ちて凹んでいるあなた、もしもアフィリエイトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

Amazonアソシエイトの審査に落ちると、「なんで?なんで?」と焦ってしまいますよね。

 

まずは、自分のブログが、わたしがお伝えしたポイントをクリアしているのか、確認してみてください。

 

それでも、なお、Amazonアソシエイトの審査に通らない場合は、
もしもアフィリエイトから申請してみましょう。

 

諦めず、粘ってみてくださいね!

 

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. misuzu より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    わかりやすい説明ありがとうございます。
    参考にさせていただきますね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ