アフィリエイトブログの更新頻度は?100記事書けば稼げるの?

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

「今日はなんだかやる気が出ないな」、「子どもに手がかかって時間が取れない」など、ブログの更新をしたくない日ってありますよね。

 

でも、そもそも、アフィリエイトブログの更新頻度はどれくらいがいいのでしょうか。

 

アフィリエイトブログは、ただ記事をひたすら書けばいいというわけではありません。

 

そこで、この記事では、アフィリエイトブログの更新頻度に関して、

解説していきます。

 

 

アフィリエイトブログの更新頻度は?

 

更新頻度は、1日1回がいいでしょう

 

どうして1日1回更新がいいのでしょうか。

 

そこには、こんな理由があります。

 

  • ブログ更新を習慣にできる
  • 自分のスキルアップにつながる
  • 固定読者ができる
  • ブログが成長する

 

アフィリエイトブログを始めたばかりの頃は、

ブログを更新することに慣れていないですよね。

 

そうなると、つい、さぼり癖が出てしまいます。

 

ここで、ブログを書くことが嫌になってしまっては、意味がないですよね。

 

そのため、初めのうちは、できる限り、毎日更新することで、

ブログ更新を、自分の生活に溶け込ませるほうがいいでしょう。

 

そして、毎日記事を書いていくうちに、どんどん自分のスキルが上達していきます。

 

そうなれば、1記事にかかる時間が短くなったり、

記事をストックしていくことも可能です。

 

また、読者目線で考えると、お気に入りのブログが、

毎日、記事を更新してくれると、毎日見に来よう思いますよね。

 

そうなれば、あなたのブログに、固定読者が付きます。

 

毎日更新すれば、結果的に、あなたのブログは、どんどん成長していくというわけです

 

 

”とりあえず100記事書こう!”は意味がない?

 

よく「とりあえず100記事書きましょう」と言う人がいますが、

わたしは、その言葉を鵜呑みにしてほしくありません

 

記事を積み重ねていくという意味では、間違っていないと思います。

 

しかし、意味をとらえ間違えると、大変なことになるんです。

 

例えば、中身の薄っぺらい記事が100記事あるとします。

それだと、そのブログは、100記事書いても、1000記事書いても意味がありません。

 

なぜならば、読者が求めている情報がないからです。

 

つまり、検索されるための記事=読者の役に立つ情報を、常に更新することが大切なんです

 

そうすれば、中身の濃い記事が100記事積みあがったとき、

あなたのブログに、何か変化があらわれるでしょう。

 

 

100点の記事は書かなくていい?

 

まず、これまでのポイントをまとめると、

  • 1日1記事を更新する
  • 読者が求めている情報を積み重ねる

 

この2つのポイントを、毎日行うというのは、なかなかハードです。

 

この時点で、多くの人が、アフィリエイトブログをやめてしまいます。

 

しかし、わたしとしては、諦めてほしくありません。

 

そのために、記事を更新する際に、1点だけ意識してほしいことがあります。

 

それは、”80点の記事でも更新してほしい”ということです。

 

もちろん、100点満点の記事がいいに決まっています。

 

でも、こんな日があるのではないでしょうか。

 

 

今日は、記事がスラスラ書けない。

 

なんだか、体調が悪いわ・・・。

 

子どもがなかなか寝てくれない・・。

 

このようなとき、100点満点の記事を書く気にはなれませんよね。

 

そんなときは、80点でもいいので記事を書いてみてください。

 

記事の編集は、あとからでも大丈夫です。

 

アフィリエイトブログは、続かなければ、意味がありません

 

 

まとめ

 

アフィリエイトブログは、1日1回更新が理想です。

 

そうすることで、結果的に、自分のブログを早く成長させることができます。

 

しかし、ただ記事を量産すればいいのではありません。

 

大切なことは、読者が求めている情報を積み上げていくことです。

 

決して、薄っぺらい記事ばかりのブログにしないでください。

 

ですが、100点満点の記事ばかりでは、疲れてしまいます。

 

まずは、80点でもいいので、記事を更新してみましょう。

 

編集は、あとからでも大丈夫です。

 

応援しています!一緒に頑張りましょう!

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ