後悔しない時間の使い方のコツや無駄にしない方法!

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

時間の使い方は、上手い人と下手な人に分かれます。

 

ちなみに、我が家は、わたしが時間の使い方が上手い人で、
主人が下手な人です・・・。

 

では、どうして、時間の使い方に差が出てしまうのでしょうか。

 

そこには、ちょっとしたコツがあり、時間の使い方が下手な人は、
そのコツさえマスターすれば、時間の使い方が上手くなるんです。

 

時間の使い方が上手くなれば、アフィリエイトブログに費やす時間が増え、
稼げるブログへの近道になります!

 

この記事では、アフィリエイトブログをやる上での、
時間の使い方のコツや無駄にしない方法に関して、解説していきます。

 

 

時間の使い方のコツ

アフィリエイトブログをやる上で、時間をうまく使うためのコツをご紹介します。

 

 

 

 

1日のスケジュールを書いていみる

 

自分のスケジュールを書いてみることで、

  • やらなければならないことの優先順位が付けられる
  • 無駄な時間を見つけることができる

 

このようなメリットが得られます。

 

わたしは、以前、前日の夜に、次の日の夕飯の支度をしていました。

 

しかし、あることに気が付いたんです。

 

それは、夕飯の準備は、1時間しかかかっていないので、わざわざ前倒しする必要がないこと。

 

毎日、ご飯を作っているおかげで、知らない間に、わたしの料理スキルは上がっていたんですね。

 

1時間あれば、3.4品ほど、ご飯が作れるようになっていました。

 

そのため、夕飯作りを前倒しず、その時間を、アフィリエイトブログに費やすことができたんです。

 

このように、自分の生活のタイムテーブルを見直してみると、思わぬ改善点が見つかりますよ!

 

また、ある程度、自分の生活のタイムテーブルを、頭の中で整理できるようになると、
「あれをこうして、こうしよっ!」と口に出るようになり、行動が早くなります。

 

 

○○の前にブログを書く

 

わたしは、昔よくあったんですが、家事がひと段落し、
子どもを寝かしつけ、そのまま朝を迎えてしまった・・。

 

結果、全然、記事を更新できないという事態に陥ったことがあります。

 

ワーキングマザーは、子どもの寝かしつけに弱いです・・。

 

でも、このままでは、アフィリエイトブログで稼ぐことは不可能です。

 

そこで、意識してほしいことが、○○の前にブログを書くということなんです。

 

どういうことかと言いますと、先程のわたしの寝かしつけエピソードでいうと、
子どもを寝かしつけて、自分も寝てしまうのは、仕方がないと諦めます!

 

じゃあどうするのか、朝ご飯の前にブログを書けばいいんです!

 

つまり、早寝早起きの理論!

 

そうすれば、寝落ちしても罪悪感は感じず、朝、少し早く起きれば、
子どもは寝ているので、落ち着いて記事が書けます。

 

毎晩晩酌をする人であれば、晩酌前に記事を書くとかもアリですね。

とにかく、記事を書く時間を捻出できないと悩んでいるときは、
○○の前にブログを書くを意識してみてください。

 

必ず、どこかで、記事を書く時間を作ることができます。

 

 

アフィリエイトブログを生活に溶け込ませる

 

日常生活にアフィリエイトブログを溶け込ますことができれば、格段に、作業の効率がアップします!

 

例えば、

  • 毎日、メイク写真(動画)を撮る
  • 通勤時にブログネタを1つは考える
  • ランチやお弁当の写真を撮る
  • 保育園の先生やママ友の会話から、ブログネタを探る
  • 子どもの成長に関するネタをメモする
  • 夕飯の写真を撮る
  • 雑誌を読みながら、キャッチコピーをメモする

 

このように、日常生活のあらゆる場面で、アフィリエイトブログを溶け込ませることができます。

 

そうすれば、アフィリエイトブログに対する意識が強くなり、もっと作業時間を増やすことが可能です。

 

 

まとめ

アフィリエイトブログをやる上で、時間の使い方のコツや無駄にしない方法は3つあります。

 

  1. 1日のスケジュールを書いていみる
  2. ○○の前にブログを書く
  3. アフィリエイトブログを生活に溶け込ませる

 

これらを意識すれば、今よりも、アフィリエイトブログの作業時間が増え、
稼げるブログに近づきます!

 

「時間がない」は言い訳にすぎません。

 

ないなら作る!を当たり前にしていきましょう。

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ